スーパーコピー時計の専売店
2018 スーパーコピー時計の老舗!高い品質、激安、送料無料!
ログイン
ID 名
パスワード
register
ブランド時計

banner a

現在の場所:ホーム > 最新情報 > は、リンゴの時計の文字盤の設計の背後の物語

ログイン新規登録カート
は、リンゴの時計の文字盤の設計の背後の物語

 アメリカ有名科学技術メディアの「線」はこのほど、リンゴのインターフェース主管アラン-デル(Alan Dye)が行われたインタビュー。今回のインタビューでは、デルに詳細に紹介した腕時計にりんごを設計する過程の中に細い点についてコツコツとの追求で、これらはすべて私たちはリンゴ発表会に知らない背後物語。

 

33年後、Macintoshチームが当時のこの精神はアップルに続いている。りんごは人間化インターフェース主管アラン-デル(Alan Dye)によると、人々はいつも彼に聞いてリンゴの秘密はどこにあるのだが、自分の答えは永遠にない外部の満足させる。
「これは秘密、私たちの群れがとても天才の人が、彼らはすべてとても慎重。たとえば、普通のデザイナーに関心しないかもしれない細かい点が展示された、これらの詳細を作ってユーザーの最終体験にとって非常に重要な元素。」デル。
 
アップルのデザインスタジオの中で、ソフトの開発者は直接座って隣のハードウエアの技師、グラフィックデザイナーたちも同じ。このデザインスタジオには一つだけ変わらない、それは彼らが絶えずの既存のデザインや製品を問う。
デルこの席で言ったら、彼がひっくり返って見て手帳、このノートを記録しているデザインリンゴ腕時計の過程。ご存知のように、リンゴの時計はリンゴiPadの後に続いての最も重要な製品で、このロレックスコピー製品に3年以上の時間がかかったデザインで、その目標は点火時計市場全体の知能。

前ページ:腕に時計《スピードと情熱》を感じる

次ページ:店長解説、《切り札スパイ》の「コナンの時計」