スーパーコピー時計の専売店
2018 スーパーコピー時計の老舗!高い品質、激安、送料無料!
ログイン
ID 名
パスワード
register
ブランド時計

banner a

現在の場所:ホーム > 最新情報 > ため息をついた腕時計の象眼工芸

ログイン新規登録カート
ため息をついた腕時計の象眼工芸

 真花象眼工芸スーパーコピー時計

カルティエの花の細工はインコを象眼して時計を飾る
 
真花の象眼についての最大の問題は、表の上で永久に輝き、腐敗しないようにすることが、カルティエが率先して試みることである。まず、職人は細選して花びらを集めて着色をし、そして、花びらごとに薄い木片に花を置く。そして、細手を借りて足踏みをして、必要な形にして、オウムの羽の毛になる。です。目の周りの黒とグレーの羽をさらに注目させるために、その斑点は、微絵工芸で一つ一つ完成しなければなりません。花弁をどのように保つかについては、一般的には明確な告知をしていないということで、1つの特殊な処理方式を採用しているということで、十年も続く。

前ページ:史上最も高いTank、ケネディ夫人の腕時計のオークション

次ページ:薄くて美しい、違う三問腕時計